JDFS 一般財団法人
日本発達障害ファミリー支援協会

当協会は、個性あふれるお子さんに真摯に向き合い、学び努力された子育て力が社会資産として活かせる仕組みづくりを目指しています。

発達障害児の子育てや支援が、自分の強み、キャリアになります。

チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)になり親子のライフサポーターに!
このような方々におススメです。

  • 発達障害児の保護者
  • 教育関係者
  • 福祉事業関係者
  • 塾講師など発達障害児と関わるお仕事をされている方
  • 発達障害について理解を深めたい方
  • 社会貢献事業で起業をお考えの方 など

まずはファーストステップ。基本の学びへ。

発達障害のサポートに必要なのは、正しい理解と継続的な地域でのサポート実践です!発達障害のサポートに必要なのは、正しい理解と彼らへのサポート

その学びができるのが 社)日本発達障害ファミリー支援協会のチャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)などの講座プログラムです。必ずあなたの目的にあった講座が見つかります。

身近に発達障害を感じる人であれば発達障害を理解したいと思う人はたくさんいると思います。
それでは、なぜそう思うのでしょうか?

  • 保護者の方なら子どもの事を理解して子育てしたい。
  • 福祉事業所の職員の方なら仕事で発達障害の子どもたちと関わるのでその子どもたちの事を理解して関わりたい。
  • 学校の先生なら生徒の中に発達障害の子どもたちがいるのでもっと彼らのことを理解し、特別支援教育を充実させたい。
  • 看護師の人は、発達障害の子どもが診察に訪れた時、子どもたちの事を理解して、パニックを起こさないようにしてあげたい。
  • 保育士の人は、発達障害の子や発達障害を疑われる子たちに適切な関わりをしてあげたい。

など、様々な立場が発達障害の子どもたちへ優しい社会の実現をめざしているのではないでしょうか?積極的に学びたいと思われる方のほとんどの方は学んで理解するだけではなく必ず行動にうつしたい!実践したい!と願っているはずです。

・・・続きを読む・・・続きを閉じる

コースのご案内

チャイルド・ライフ・サポーター®ベーシック資格認定講座

<発達障害全般の基礎知識と発達障害児者に寄り添う支援を学びたい方>

講座概要:家庭にて(障害のとらえ方、発達障害の知識、特別支援教育の現状、発達課題など。)
ベーシック講座は家庭学習を主に自分のペースで学ぶことができます。教本に伴って動画視聴が全て終われば、資格認定試験を受験し、合格者が資格を取得することができます。発達障害心理的疑似体験はきっと皆さんが発達障害について理解を深めることができるヒントになると思います。

ビギナーに比べより専門的で支援者を意識した内容になっています。試験問題に回答し、本部に送っていただき、合否の判定を行います。合格者には資格認定証をメールにてお送りさせていただきます。
認定証発行希望の場合にはご相談下さい。

ベーシック資格が自宅学習で取得可能に!

発達障害という言葉が一般的になり、全国各地からのお問い合わせに応え、E-learningを導入いたしました。動画視聴で受講が可能となったため、お好きなタイミングで学び資格取得が目指せます。

受講料
35,000円(税込)

アンケートに答えてお得なクーポンもらおう!

お得なクーポンをゲットして チャイルド・ライフ・サポーター®ベーシック資格認定講座に是非ご参加ください!

チャイルド・ライフ・サポーター®ビギナー通信講座

<発達障害全般についての要点を自宅で学ぶ保護者・支援者共対象通信講座>

発達障害の区分、発達障害を持つ子との関わり方、年齢に応じた関わり方、特別支援教育の現状、家庭内療育、コミュニケーションの取り方など実践的な学びを獲得します。

  • Aコース・・・支援者向け
  • Bコース・・・保護者向け
講座概要
(A/B共通)1~4か月/障害について考える、発達障害の区分
子どもの発達、年齢に応じた関わり方
(Aコース)5~6か月/特別支援教育の現状、保護者・子どもとの関わり方
(Bコース)5~6か月/家庭内療育とは、教師・子どもとの関わり方
学習時間
約6か月の自宅学習 全6回レポート提出後 修了証を発行いたします。
受講料
19,800円(税別)A,Bコース共受講の場合 30,000円(税別)

チャイルド・ライフ・サポーター®プロ資格認定講座

<より専門的なアセスメントや支援を学びたい方、支援活動を仕事にしたい方>

<行動アセスメント、心理アセスメント、学力アセスメント他。発達障害児や者が置かれている現状を理解しより広く深く学ぶ。キャリアアップや発達障害児や者、その家族への支援活動を行うことを目的にする。>

受講の条件
ベーシック資格取得者でプロコース受講が妥当であるとされた者
学習項目
行動アセスメント、心理アセスメント、学力アセスメントなど。
WISC検査のアセスメントを重点的に学ぶ。いろんな場面での支援法を考える
学習時間
スクーリング13時間(2日間)試験:90分 スクーリング最終日
受講料
95,000円(税別)

ペアレンツ・ラーニングクラス

<我が子の状況や実像にポイントを置いてそこから「発達障害」全般について学びを深めていきます。>

  1. 子どもの特性を知る。<発達障害の基本>
  2. 子どもの発達段階を知る。<心理的疑似体験>
  3. 子どもの課題を知る。<子どもの発達課題>
  4. 長期休みを子どもの発達援助に活かす。<特別支援教育>
  5. 子どもの視覚機能について知る。<ビジョントレーニング>
  6. 学校行事は子どもにどんな影響を与えるか?<学校の評価と生きていく力>
  7. 学校との連携。<合理的配慮とコミュニケーションスキル>
  8. 子どもの脳の発達<随意運動の基本>
  9. 子どもの苦手を知る<ワーキングメモリーを鍛える>
  10. 一年の子どもの発達、成長を評価する。<親としての成長を評価する>

※内容は変更になる場合もありますので、ご了承ください。基本月1回の年全10回

受講料
10回 50,000円(消費税別) 2時間程度/大阪にて定期開催、東京は不定期。

やまもと式S&E療育プログラムインストラクター

<やまもと式発達障害支援プログラムを実践し、全国で広めることができるインストラクターを養成します。>

子ども一人ひとりの人格の尊重、基本的な人間としての社会参加、権利向上と子どもに対する援助は人間的な発達を実現するために必要な援助プログラムです。運動機能の向上や随意運動によって脳の発達の遅れは改善します。発達に必要な下肢の発達、上肢の発達、バランスの基盤となり巧緻性へと発達していきます。知的能力が発達していくと感情、情緒が育ち、そのことが協調性、社会性など社会で必要なスキルへと発展していきます。
資格取得後実践することができる人を対象とし、資格取得のためには大阪または東京にて実習参加が必須となります。
支援を仕事にする場合、インストラクター契約が別途必要となり、定期的なフォローや研修への参加が必須となります。詳細はご相談の上。

受講料
95,000円(税別)

保護者の皆様へ

発達障害児の子育て力を社会貢献に!

育てにくい発達障害児や他の障害児の子育て経験が、他の親子を支える大きな力になります。より専門性の高い学びを習得して支援力を高め、社会貢献してみませんか?

  • ※ビギナー通信講座
    19,800円 参考受講期間約半年
  • ※ベーシック資格認定講座
    35,000円 参考受講期間約半年

学んだあとは「寄り添いボランティア」へ登録可能

発達障害児の子育て力を社会貢献に!

チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)について

協会について

発達障害児の支援者の求められること

一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会は、2009年に立ち上げチャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)という支援員の人材育成を行っています。2019年は協会を立ち上げ10年になります。

私たちがこの10年に近く長きにわたり大切にしていることをご紹介したいと思います。

社団法人を設立する前は代表やまもと まゆみが個人事業として粛々と事業を行っていました。もちろん支援員の育成の前に、発達障害児(当時は主に学習障害児という表現や登校拒否児という言葉で子どもたちは表現されていました。)の支援を行い、家庭支援やその他アクティビティなどを子どもの発達を促すためのあらゆる支援を行っていました。

そういう長年の実績を経て地域で発達に困りのある子どもの支援を継続的に行うためにはどのようなことを支援者は知っておく必要があり、どのようなスキルを獲得しておかなければならないのか?ということを探求し、現在のチャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)資格認定講座の基本を作りました。
その後は数年ごとに教材を改訂し、より新しい情報の提供を心掛けてきました。すでに代表やまもとが発達障害の事業を始め25年ほどになっています。日本で初めて発達障害のことについて学ぶことができる資格認定講座にして10年近く現代社会に必要な子どもの健やかな発達を援助することができる支援員の育成はますますとても大切な事業となってきました。

私たちに追従するように最近では発達障害に関わる資格がたくさん出来てきています。その他の支援を行うための資格講座のほとんどは子どもの発達、成長を支えるほんの一部しか対応できません。よくあるのは「学習支援」を行える資格「コミュニケーション」に特化した資格などです。こどもの発達を援助するためには様々な方向からのサポートが必要です。
それなのに、どうして「学習」だけにこだわるのでしょうか?
「言葉でのコミュニケーション」だけ獲得させたがるのでしょう?

全ては学校の評価や周りの大人の評価、ひいては他の子と比べての評価を基準にしているからです。そのようなことを基準に子どもたちを育てていては子どもも家族も辛い思いをするのは目に見えています。
私たちは子どもの発達がどのように進んで行くのかをずっと見守ってきました。どう豊かに育ち、社会に飛ぶ立つことができて行ったかを子どもやご家族同様体験させていただいています。だからこそ、子どもの育ちに大切な事、まずバランスの良い発達を援助するためにはどのように子どもたちを理解し、支えて行かなければならないかを知っています。

「子どもに障害がある。」と専門家から告げられ、絶望の淵に立たされた保護者の方がなんとか気持ちを持ち直し、私たちのところのドアをたたいてくださったことの意味はなんなのか?
そして、私たちと二人三脚でお子さんの発達を援助した結果支援級から普通級に混ざることができるようになり、通常の学校へと進学することも夢ではなく実現可能になりました。
それは福祉の世界から教育の世界へと橋渡しをしなければいけないという非常に困難な作業です。学校側の反対にあうのは当たり前です。けれど、子どもたちが普通級で学ぶことで可能性を最大に拓くことになるのであれば何度も学校と話し合いを持ち、訴え続け、子どもの未来を輝くものにするためのお手伝いをしていくのです。

子どもがそのように育っていくためには「知能を高めること」「脳機能をバランスよく発達させること」「人間として幸せに生きるために他者との関係性を築けること」「自律性が確立し、生活力があること」など生きて行く上でとても大切なことを基準に支援ができる情報や知識を選出し支援する方に学んでいただいています。決して就労でき、お金が稼げるようになることだけを最終目的にしてはいけません。学びが多岐に渡り、継続していくのはそのためです。

「すべての子どもたちの可能性を最大限に拓き社会と関わり、貢献できる人に育てること」それは、たとえ「発達障害」があろうとも実現可能であり、目標にできるものであることを多くの支援者に知っていただきたいと思います。

社)日本発達障害ファミリー支援協会が開講している通信講座や資格認定講座<チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)> 各種インストラクター認定講座の学びはそのような学びなのです。

協会概要
【所在地】大阪市淀川区西中島3丁目11-24 新大阪⑪山よしビル3階B号室
【電話番号】06-6795-9900
【FAX】06-6795-9901
【メールアドレス】info@jdfs.org
【設立】2009年
代表者紹介
一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会
代表理事 やまもと まゆみ
一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協 会代表理事 やまもと まゆみ
チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)SV、発達障害コーディーネーター、専門学校講師、S&E療育プログラム開発者、知的能力開発プログラム開発者、NPO法人発達障害児支援LOF教育センター理事、MARBLE WORLD 代表、教育コンサルタント、サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格取得者、書籍「発達障害の子がぐーーーんと伸びる心と体の育て方」
発達障害児とその家族支援に長く関わり、現場を通して必要な支援を積極的に独自に行ってきた。障害児支援という福祉領域の事業を「教育支援」として行い、発達障害児の可能性を拓いてきた。多岐に渡る様々な社会課題にも積極的に関わり、グローバルな視点で発達障害の支援事業を考え、実践している。自身も母親であるため、子育て、仕事を通した女性の幸せな生き方を提案している。

お申し込み・お問い合わせ

こちらのフォームから送信してください。折返し連絡を差し上げます。

※項目必須入力です。

コース選択
お名前
ご住所
お電話
メールアドレス
お問合せ、質問など